2016年12月14日

航空自衛隊の航空祭に行ったことがある感想

新垣結衣さんと言えばドラマの空飛ぶ広報室にも出ていたそうですが、それによって航空自衛隊の航空祭などイベントの入場者数も増えたり影響を与えたそうですね。

航空祭には行ったことがありますが、普段の実社会とは違う空間というか、自衛隊の生活空間と言うものが広がっている気はしました。

一般入場者が入ることができる敷地は狭いですが実際にはかなりの敷地面積で広大らしいです。

迷彩服しかないと思っていたのですが、式典などに出席するためのような制服もあり、知らない光景でした。

戦闘機の飛行もあり、音が凄く、普段は見れないものが見れました。


だいたい4月頃から各地で始まり、12月頃に沖縄で最後のイベントが行われるようです。


実は基地によっても飛ぶ自衛隊機と言うのは違うそうで、ブルーインパルスが飛ぶところと、戦闘機が多く飛ぶところなどがあるようです。

戦闘機は民間の旅客機とはまた違いますね。


入場料金は無料。

手続きなどはいらず、そのまま入場できます。

手荷物検査があります。


自衛隊なので厳重な監視、管理なのだと思っていましたが、気楽に気軽に入れるようでした。

なんとなく怖い気のだろうと思っていましたが、意識はしているのか、気さくな雰囲気が出ていました。

だいたい入場者数は2万人から30万人ほどいるそうで、多いところは多いみたいです。

posted by らしい at 10:07| 日本のこと