2014年05月10日

韓国でビル崩壊事故


ソウル江南区のカロス路(並木通り)で
地上5階、地下1階のビルが崩壊したそうです。

解体中だったのでまだ良かったのか。

1995年には三豊百貨店(サムプンひゃっかてん)がほぼ2面の
壁だけを残して崩壊するという事故があったそうですが。

その事故前のデパートの状態は床が傾いていた、
柱か何かが屋上部分に突き出ていたとか、
コンクリートのかけらが砂かが上から落ちてきたなどの
現象がありビルに不向きな材料が使われていたそうです。

不運にも人気百貨店だった上に人が多い夕方に
崩壊したということで約1500人が巻き込まれ、
502人が死亡しました。

人の上に人が乗って密集していたと思うと恐ろしいです。

上の方にいた人は下に叩きつけられたりコンクリートや
商品棚が落ちてきて挟まれた人も多かったようで、
反対に下の方にいた人は机やケースなどの間にいて
けがも軽かったという人もいたそうですが。

首がない遺体もあったそうなので、
救助をした人もかなりのショックを受けたことでしょう。

日本と違い幅広い映像を流すそうなので、
ケガ人の映像などもありました。


posted by らしい at 20:24| 海外のこと