2014年04月06日

冬のボーナスの平均は60万円

損保ジャパンDIY生命の発表によると「2013年冬のボーナスと家計の実態」のアンケート調査を実施した結果、昨冬はボーナス平均手取額が過去5年間の最高額66.8万円と、一昨年冬の平均手取額から4.7万円増加。

全国の20〜50代のサラリーマン世帯の主婦500名(各年代毎125名平均年齢39.7歳)の回答。


ボーナスは中小企業の多くはボーナスなしという方もいましたが、平均でも66万円になるものなのですかね。


ものすごくヒットした服飾製造会社などは100万円を超えるなどかなりのボーナスが出たという話は聞いたことがあります。


そこそこ良い金額なのに家計が厳しいという人が半分ほどいるというのも不思議な感じです。

高い人と低い人との差が生み出した金額なのでしょうかね。

世帯の金融資産は「増えた」(25.4%)が「減った」(19.2%)を上回る。1年間の平均増加額は104.8万円。


預金は100万円ほど増えても家計が厳しいというのは今でも将来のためにお金を増やしたいと思っている人が多いということですかね。

posted by らしい at 16:36| お金の話